勃起不全と改善方法

正常に勃起しなくなることを勃起不全と呼び、EDとも言われます。
一昔前ではインポやインポテンツとも呼ばれていましたが、最近ではこうした名称は馬鹿にしているように聞こえるため、使われなくなってきました。
勃起不全になる原因は、ストレス、加齢、病気、怪我など様々ですが、仕事や家庭内のストレスから勃起不全になることが近年最も多いようです。
また、以前は中高年の病気と思われていましたが、最近は20代~30代の若い世代においても増加傾向にあるようです。
勃起不全の治療には専用の医薬品が用いられますが、これらをED治療薬と呼びます。
最も有名なのがバイアグラで1990年代には社会現象を起こしたことで有名です。
バイアグラと聞くと「精力剤」「服用すれば勃起する」などと勘違いしがちですが、そういった効果はありません。
バイアグラをはじめとするED治療薬はあくまで勃起を補助するための医薬品であり、服用した上で性的興奮を感じることにより勃起を促すというものです。
ですので、服用しても性的な興奮が無ければ勃起することはありませんので、服用に際しては十分ご注意下さい。
ED治療薬は医者で処方してもらうと1錠あたり2000円~3000円(ジェネリック医薬品を除く)と非常に高価ですが、服用し続けても根本的に改善されるわけではありません。
あくまで勃起をするためだけの薬です。
勃起不全自体を改善するのであれば根本的な原因を取り除く必要があります。
ストレスが原因であれば、何がストレスとなっているかを突き止めて解決・発散する必要がありますし、喫煙などの生活習慣が原因であれば、禁煙する必要もあるでしょう。
恥ずかしいからと医者に行かず、そのまま放置することなく、早めに治すように心掛けましょう。
どうしても医者に行くのが恥ずかしいという場合は、インターネットを利用してED治療薬を個人輸入するという方法がありますので、こうしたサービスを利用して勃起不全に対処するのもよいでしょう。
勃起不全が原因で離婚となり家庭が崩壊する例があるように、勃起不全はご自身のみの問題ではなく家庭全体の問題です。